<< | main | >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

サントリーホール 小林研一郎、梯剛之 コンサート

年末サントリーホールの第九に続き、新春コンサートに行ってきました。

今回のプログラムは
「日本フィルハーモニー交響楽団第336回名曲コンサート 」
ショパン:ピアノ協奏曲第2番
ブラームス:交響曲第1番
指揮:小林研一郎
ピアノ:梯剛之(Pf)

ピアノの生演奏は2005年、第15回ショパン国際ピアノコンクールで優勝したラファウ・ブレハッチさんのリサイタルを聞きに行ったことはあるのですが、今回は初のピアノ協奏曲です。

去年、全盲のピアニストである辻井伸行さんが、第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人として初めて優勝したことで、話題になりました。今回の演奏者の梯剛之さんも全盲のピアニストです。
誘ってくれた友人は彼の演奏が好きらしく、始まる前に「梯さんのピアノは音がきれい。」と言っていました。梯剛之さんの演奏する姿は、慎ましやかな印象を受けました。演奏家は楽器を弾く姿が情熱的なイメージがあるのですが、梯さんの奏でる音を聞きながら頭に浮かんだことは演奏家その人のことよりも、ショパンのことです。どうしたらこういうメロディーが思いつくのだろう、この曲から何を自分は感じるか、ショパンの頭の中を覗きこむような気持ちで聞きました。
私は聞き比べる程に他のピアニストの演奏を聴いていないのでよくわからないけれど、梯さんが両手で低音から高音へ、高音から低音へ物凄いスピードで弾き連ねるところ(何と言う演奏法でしょうか?)が重厚感がありドラマチックだなと感じました。
夢中になって聞いていたら、いつもは長く感じるクラシックですが、梯さんの演奏はあっという間に終わってしまいました。もっと聞いていたかったと思ったのですが、大きな拍手の中、梯さんは退場です。ウィーンを拠点に活躍されているそうなので、なかなか来日の機会は少ないかもしれないですが、また聞いてみたいです。

ところで、時々ipodでピアノの曲を聴くのですが、生の演奏は違います。前方から立体的に音がふわぁっと、ときにどわーっと自分のところに届く空気感があります。そして、今、この瞬間に、指揮者が指揮棒を振るい、オーケストラが音を奏で、ピアニストが素人には信じられない匠な音を弾き連ねていく。この瞬間の連続を一空間の中でみんなで共有して体験している。この日はそのことが、なんだかとても嬉しい気持ちになりました。

ブラームスの交響曲第1番は、題騎攵呂僚个世靴里箸海蹇△匹鵑淵ラシック素人でもぐっと気持ちが引き込まれてしまいます。45分ほどの長い演奏です。クラシック奏者の集中力は凄いです。

コンサート後、誘ってくれた友人から「どうだった?」と聞かれて「良かったよ、素敵だったよ」という表現しかできない自分がもどかしかったです。映画や歌舞伎だったらもっと具体的に色々感想いえるのだけれど、クラシックとなると本当に素人で。でもまた色々な演奏を聴きたいなと思いました。5月にはラ・フォルジュネが開催されるので、楽しみ。今年はショパン。チケット早めにゲットしなければ!

梯剛之,ショパン
キングレコード

| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

この記事のトラックバックURL

http://adomirari.jugem.jp/trackback/172

トラックバック一覧

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

By TwitterIcon.com

Categories

Recent entries

Archives

Recent trackback

Recommend

Profile

Links

Feeds

Search

QR code

qrcode

Sponsored links