<< | main | >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

浜離宮 鷹狩り実演

浜離宮の鷹狩り実演、去年に続き今年も行ってきました。

今年も時間ぎりぎりに行ったので、後ろの方で立って実演の様子を見ました。披露してくださったのは諏訪流放鷹術保存会の方たちです。
鷹の凛とした佇まい、放たれた鷹の広げた羽は風を切り、身体は空中に浮かびながらも美しい軌道を描くように鷹匠の手元に戻ってきます。ほんの瞬間のことですが、人になつかない気高い生き物が鷹匠の元に戻ってくる様子は感動します。

ラスト、通本社ビルの屋上より舞い降りる「ハヤブサの急降下」を放鷹術も楽しみにしていました。じっと高くそびえる電通ビルを見つめる観客たち。ハヤブさが放たれ鷹匠が笛を吹いて誘導します。旋回しながらハヤブサが徐々に下降してくるかと思ったのですが、どこからともなくもう一匹のハヤブサが姿を現し、主役のハヤブサに攻撃し始めました。「これも実演のうち?」と一瞬思ったのですが、鷹匠さんの説明だと急に現れたのは野性のハヤブサで縄張りをとられるということで攻撃しにきたそうです。ハプニングなのですが、こういう光景も普通はめったに目にすることができないことなので、少しドキドキしながら見守りましたが、途中で二匹とも姿を消してしまいました。
去年、電通ビルからのハヤブサ放鷹時は、カラスが縄張り主張でウワ〜っと何十匹も出てきて、それに驚いているうちに鷹匠さんの元に戻ってきていました。

今年は鷹匠産の手の元にハヤブサは戻ってきませんでした。少し残念な気持ちを残しつつも鷹狩り実演は終わりました。

浜離宮を後にして、ご一緒した人たちとランチでもと汐留ビルのあたりをウロウロしていたら、喫茶店に梯子をかけて登っている鷹匠さんの姿を発見。先ほど行方不明になってしまったハヤブサはビル谷間の喫茶店のひさしのところにいました。
思わずな再会がうれしくて、あとさっきは大人数であまりよく見られなかったハヤブサの姿をじっくりと見ることが出来て良かったです。

| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

この記事のトラックバックURL

http://adomirari.jugem.jp/trackback/166

トラックバック一覧

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

By TwitterIcon.com

Categories

Recent entries

Archives

Recent trackback

Recommend

Profile

Links

Feeds

Search

QR code

qrcode

Sponsored links