<< | main | >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

THE『ハプスブルグ』 国立新美術館

JUGEMテーマ:展覧会

国立新美術館にて開催されている「THE ハプスブルグ」に行ってきました。ヨーロッパの名だたる画家たちの作品が一挙に展示されているということで評判を耳にしていました。お昼過ぎに行ったのですが思っていたように会場は沢山の人で溢れていました。

8割がウィーン美術史美術館所蔵の作品。4、5年前くらいにウィーンに一緒に行った友人は「これは見たことあるね」と言っていたりしたのですが、私はウィーン美術史美術館に行った記憶も、それらの絵を見た記憶もなく。。。興味を持っていなかったのか物覚えが悪すぎです。

会場はイタリア、ドイツ、オランダ、スペインの絵画が区分けされて展示されていました。

イタリア絵画は色合いも鮮やかでコントラストが印象的でした。

ティツィアーノ『イル・ブラーヴォ』、刺客が男を捕らえた瞬間、捉えられた男の形相に息を呑みます。


ルカ・ジョルダーノ『物乞い』。物乞いのうつろな瞳、痩せた胸元、汚れた手。王族、貴族、また宗教画が多い中これらの作品はどういう経緯で描かれたのだろうと思いました。

ドイツの絵画は鮮やかとはいえない独特な色合いと、人物の表情の描き方も堅さのようなものを感じました。

アルブレヒト・デューラーは『祈りの手』という作品のエピソードなどが頭にあり、有名な『若いヴェネツィア女性の肖像』を観ることができてよかったです。

スペインはベラスケスの『白衣の王女マルガリータ』『皇太子フェリペ・プロスペロ』は一度は目にした事のある有名な絵。

私はムリーリョの『幼い洗礼者聖ヨハネ』が好きです。
同じ子供を描いていますが、まっすぐで凛々しい瞳と、栗色の健康的な髪など惹き付けられます。

フランドル・オランダ絵画は、庶民の様子や風景画などが多く観られました。

ヤン・ブリューゲルの『森の風景』の木々と空の青の色が綺麗で、吸い込まれるような気持ちになりました。フランダースの犬のネロが最期に見ることができたルーベンスの絵は見所だったと思うのですが、ちょっと今回は集中して見ることができませんでした。

私にとっては今回の美術展は事前学習をしておいた方が良かったなとちょっと反省。
油絵の色彩の鮮やかさや、人物のたくましい身体など、日本人の視点でみると異世界の迫力がありました。その分どこか自分をよそ者のように感じて親しめない部分もあり。ハプスブルグ家のこと、時代における宗教的背景、神話の登場人物のことなどがもう少し頭に入っていたら、もっと積極的に見ることができたと思います。

お天気に恵まれた気持ちのよい一日でしたが、ランチでこ一時間話し込んだのと、美術館の中で長い時間を過ごしたので、外に出たらもう日がくれていました。
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック一覧

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

By TwitterIcon.com

Categories

Recent entries

Archives

Recent trackback

Recommend

Profile

Links

Feeds

Search

QR code

qrcode

Sponsored links