スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

NHKの番組を茂木健一郎さん降板

あまりタイムリーな話題ではないのですが・・・。

先月(11月)茂木健一郎さんが4億円に及ぶ所得の申告漏れをしていたことが報道されました。私は茂木さんのことが好きで、NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」も毎週録画して楽しみに見ています。茂木さんが以前(podcastで聞ける講演)、「NHKの番組は何かあってはいけないので、仕事の流儀で取材させていただく方たちは、事前に身辺調査をしてからになる。」というようなことを言っていました。巨額の申告漏れが大きく出てしまった茂木さんが、NHKでも得に人気の番組で司会を続投できるのかなぁ。。。と心配していたら、案の定”降板”、そして”番組一時打ち切り検討”と記事で見ました。「あぁ、、、やっぱりぃ」と思ったのですが、同時に」あぁ、、、もったいないぃ。。。」という気持ち。残念な意味で”予想通り”の展開になってしまったと思います。

茂木さんは、ゲストの時は周囲の舌を巻かせてしまうようなトーク術を持っていると思いますが、この番組ではゲストを迎えるホスト役。番組発足から随分経つ今でも、好奇心がありながらも、ちょっと照れているようなタドタドしい司会っぷりが私にとって好感があります。基本はシャイで不器用なところのある茂木さんの人柄が伝わってくる感じです。HK専属の住吉美紀アナウンサーとのコンビネーションもぴったり。

また、45分の番組をつくるのに長い時間をかけての丹念な取材、ゲストの本質を浮き立たせていくようなスタジオでのインタビュー。番組制作者のリアルな愛情が感じられます。真摯で更に”ピュアなもの”を感じさせるような番組だと思います。

番組のクリアーなイメージゆえにか、またはNHKという性質からか・・・意見の本意は様々だと思いますが、件についての報道に対し番組に寄せられた意見は800通以上に及び、その大半が茂木さん司会続投への批判だったらしいです。腰を上げてものを言わないのは、ものを言った人より弱いかもしれないけれど、”「プロフェッショナル仕事の流儀」は面白い、茂木さんが反省をすることを前提にすれば、司会続投を望む”という声の方が、実際は多いのではないかなぁ、、、と思います。

「プロフェッショナル仕事の流儀」はきっと、茂木さん起用で番組をリニューアルして、もっと良いものになって帰ってくるのではないかな?と予測しています。

茂木さんの友人、白州信哉さん(白州次郎・正子さんのお孫さん)のブログでもこの一件触れられています。(11/18の記事を参照)
http://www.shirasushinya.jp/blog/index.html
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

「Fried dragon fish 」フジ深夜ドラマ -岩井俊二-


先日15年前くらいの深夜ドラマ「BANANACHIPS LOVE」を思い出してみたりしてました。
同時期くらいにやっていた同じくフジの深夜「La cuisine」という番組があります。

週代わりで色々な監督のドラマを放送していた(らしい)のですが、その中でも印象的だったのが「Fried dragon fish : Thomas Earwing's arowana」という作品です。
出演していたのが浅野忠信とミッチョン。

高価な熱帯魚ドラゴンフィッシュを巡るお話。ミッチョンは若くてオキャンな役。浅野忠信はミステリアスな役で、無感情のままピストルを連射して殺人を犯す。冷酷さとナイーブさが背中合わせの青年。
この浅野忠信は私の中で一番魅力的です。

脚本・監督は岩井俊二。
岩井俊二の映像は、ある種”けれんみ”と感じてしまうこともあるのですが、当時彼を知らない中でも思わずTVの画面に釘付けになってしまう不思議な質感のある映像でした。
あの映像をドラマ枠で見られるというのは、今思うと贅沢。

DVDの販売はしていないみたいですが、TUTAYAでレンタルはしているようなので、岩井俊二好きな方、浅野忠信好きな方、映像がきれいな映画が好きな方、オススメです。
ライトを落とした静かな部屋で見ると特に雰囲気が伝わると思います。

JOCX-TV2と総称されていたフジの実験的深夜番組群は本当に面白いものがいくつかありました。ちょっとシュールな域のも複数あったと思います。そんなこんなでこの頃は本当に深夜番組にハマっていて、よく授業中居眠りしてしまったりしてました。。。

こうやって”かつての思い出を振り返って味わってしまう”ということで、自分の年代を怪しんでしまいますね。何よりも今を見つめてもっと楽しんでいきたいなとも思う今宵です。
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

長尾真さん 「爆笑問題のニッポンの教養」

昨日(11月10日)NHK「爆笑問題のニッポンの教養」は国立国会図書館館長の長尾真さんでした。

長尾真さんをTVで見て2月に行ったトークセッションを思い出しました。

六本木のミッドタウンに、スルガ銀行が提案する「d-labo」という文化的コミュニケーションを行うスペースがあります。
そこで長尾真氏と池上高志氏(複雑系科学)『自律進化するデータベースはつくれるか』というトークセッションがありました。

若手(中堅?)であり情熱的でアジる系(アジテーション)な池上さんに対して、ほんわかした雰囲気の長尾さん、面白いコントラストだったと思います。

お題が”自律進化するデータベースはつくれるか ”。池上さんはそこに複雑系の分野または自身特有の感覚を持ち出し、挑戦的に疑問や意見を投げかける。長尾さんの回答は現実的な論理的な回答をしていたように思います。(←感覚的には面白い!とは思うのですが、実際理解するのは難しい部分にまで話は及んでいたと思います。)

少し温度差(若干話しが噛み合っていない)があるようにな長尾さんと池上さんでした。けれど最後司会の女性の「お二人の夢をお聞かせください」という質問に対して、二人とも「ロマンのあることがやりたい」というところで根底の気持ちは一緒でした。素敵なお二人だと思います。

長尾真氏×池上高志氏トークイベント報告
図書館は視えなくなるか?
トークセッション『自律進化するデータベースはつくれるか』(長尾真 × 池上高志)を聞いてきました

爆笑の太田さんが「僕は暗かったんです」と言ったらうふふと笑って「誰でも若い頃は暗いときがあります。」とさらっと交わしていたり、好きな本は哲学の本で、「恥ずかしいけど」シェークスピアゲーテを挙げていたのが印象的でした。

d-laboの時と今回の放送を見て、長尾さんは本の電子化に関する壮大なプロジェクトに取り組んではいるけれど、「モノ」としての本に対する意識も純粋に高い人なんだなと感じました。

番組の中で太田さんが紹介していた詩も印象深いです。こういう流れの中でふと出会う情報がまた何かにつながっていったりしますです。

八木重吉詩集の「暗い心」
『ものを考えるとくらいこころに
夢のようなものがとぼり
花のようなものがとぼり
かんがえのすえは輝いてしまう』
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」雨降り小僧は良かったよ。

以前放送していたフジテレビ日曜9時「ゲゲゲの鬼太郎」が好きでした。休日の朝、眠気眼でふと見るにはとても心地よいアニメでしたYO。

印象に残っているのが「雨降り小僧」という妖怪が出てくる会。

近日妖怪大運動会があるので森で練習をしている鬼太郎。
その時ささ〜っと鬼太郎の上に小雨が降ります。
鬼太郎が何だろ?と思うと、木の陰から「き、鬼太郎さんっ」と雨降り小僧が顔を出すのですが、すぐに逃げてしまいます。

雨降り小僧は「運動会に出てみたい」と思っているのだけれど、なんせ自分がいると雨が降ってしまうので、晴天よろしくの運動会に自分なぞ出ることは叶わないと思ってるのです。シャイで奥ゆかしい小僧なのです。

盛り上がる妖怪運動会。
雨降り小僧は遠くで見ているのだけれど、その気になってきて会場に近づいてきます(だったかな?)
勿論会場には雨が降ってきます。妖怪たちは、「雨だ〜、雨だよ〜、運動会なのに〜」と騒ぎだします。「はっ、いけない自分のせいでぇ」とまた逃げてしまう雨降り小僧。けど、鬼太郎はじめ妖怪たちが雨降り小僧を呼び戻します。スポーツマンシップにのっとってと運動会会長が正式に参加を許可してくれて、リレーに参加する雨振り小僧。妖怪大運動会はそんな雨振り小僧と共に最後はみんなで爽やかにフィニッシュします。

雨降り小僧の外見がたまらないYO。その外見に見合い過ぎのシャイッっぷりだYO。物語の出だしから途中、最後まで願ったり叶ったりな展開なのでした。

参考:みーこのブログ (雨降り小僧で検索したら発見しました)
第25話『妖怪大運動会』感想

ビジュアルで一目惚れした雨振り小僧ですが、この鬼太郎シリーズは毎回妖怪のキャラクターが面白かったです。またその妖怪に対応するレギュラー妖怪たちの様子も微笑ましいプププ。
悪くて強い敵妖怪は3回に1回くらいだったかと。
(といっても毎週見ていたわけでないので、わからないけれども)

妖怪「穴ぐら入道」の邪気(変な黒い虫が顔にひっつく)で鬼太郎が無気力に陥る話もとっても面白かった。

参考:みーこのブログ
69話「鬼太郎大異変!!穴ぐら入道」感想

この鬼太郎はDVDになってるのかな?
普段アニメはあまり見ないのですが、これは楽しかったのでちょっとTUTAYAで借りて観たいなぁと思います。
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

Banana Chips Love

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
20年前くらいにフジテレビの深夜に「バナナチップスラブ」というドラマがやっていました。

松雪泰子演じるリサが単身ニューヨークに渡り、奇妙な人たちとの生活が始まるハートフルコメディー。
リサが住むことになるアパートには双子のオカマがいたり、リサに好意を抱く黒人青年はあのスパイク・リーの弟サンキ・リー
それ以外にも出てくる登場人物は一瞬であっても全てがオモシロキャラに仕立てられていて、毎週楽しみで毎週ビデオに録画して観ていました。
主題歌を歌っているのはオリジナル・ラブ
何もかも自分好みの世界で、当時中学生の自分は松雪泰子のファッションとNYの珍妙生活にひそかにあこがれを抱いたものです。

そんな奇妙な登場人物の中に『人間失格』を読んでは一人ごとのような嫌味を言う挙動不審の非常にキモイ青年が出てくるのだけど、このキモ青年が脚本担当の高城剛

高城剛を知ったのは「バナナチップスラブ」だったので私にとってはとても印象がよく、雑誌なんかで見かければ好んで彼の記事を読んだり。
小学校のころ習字の時間に好きな言葉を書きましょうといわれて”封鎖”と書いたら怒られたというエピソードがやたら気に入ってた記憶があります。

その後も高城剛脚本の海外ロケを中心とした無国籍ドラマが続き貴島サリオ「アルファベット2/3」酒井真紀「90日間トテナムパブ」とあったのだけど、バナナチップスラブほどの面白さはなかった。。。
あれから随分月日がたって、去年久々に高城剛をTVで見たなぁなんて思ってたら、あれよあれよとゴシップ&イメージダウンな芸能人?になってしまっったたた(笑)。

見た目や言動は確かに胡散臭い。
かつハイパーだし、レイブパーティだし。
けど、小学校のお昼のお弁当に鉄板もっていってバーベキューした話とかはやっぱ楽しい。

「バナナチップスラブ」同世代でも知っている人はほとんど居ないから、当時にしても少々マニアックだったかもしれないけれど、今でもときどき誰かにオススメしたくなるドラマです。ぅ。。
※YOUTUBEの貼り付け方がわかりません。。。(困)
3:15くらいに高城剛が出ています。
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

By TwitterIcon.com

Categories

Recent entries

Archives

Recent trackback

Recommend

Profile

Links

Feeds

Search

QR code

qrcode

Sponsored links