スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - |

エレファントカシマシ「野音」2009秋 チケット即過ぎる完売(驚)

エレファントカシマシ日比谷野外音楽堂のコンサートのチケットがイープラス、ローソンの先行予約ではずれてしまいました
しょうがないやと気を取り直して、本日隣町にあるチケットぴあに行ってきました。

そこのぴあは店員さんの対応は感じよいし、チケット販売の手際もけっこう早いと思います。
私はぐずぐずしてしまい9時半くらいにお店に到着だったので10番目くらいに並んでいたので、「あぁ、ちょっと厳しいかなぁ」なんて思いつつも、それほど危機感なくぼーっと順番をまっていました。

2番目までの人が何かのチケットを無事購入。
3番目に並んでいた女性の申し込んだ公演をPCで入力している店員さん。
「すみません、、、エレファントカシマシのチケット両日売り切れです。」
10時5分くらいの出来事だったと思います。

完売のあまりの早さにあっけに取られて、私はくるりときびすをかえすかのごとくその場を去りました。
くやしい気持ちが出てくるよりも「一般発売、誰が買えたん?」と首かしげる感じ

でもせっかく早起きしたし、午後は友人が遊びにくるから部屋掃除でもしようと、開店したばかりのドラッグストアで掃除用具をちょこっと購入して帰りました。

他のブログなどを見るとファンクラブでも両日取れなかった人もいるそう。
エレファントカシマシ、野音コンサートだからこそファンクラブでエントリーした人は全員1回は行きたいと切望していたはず
こういう状態で一日も行けないファンの方はどんな思いしているだろう・・・。
それだけファンクラブの会員が増えてるのかなぁ?

エレカシ人気再浮上とはいえ、ここまでの状況は想像していませんでした。。。
ゆえに困惑。

とにかくエレファントカシマシにとって野音コンサートは特別なものなのですね。


エレカシ 「野音 秋」 限定販売だった事情はあるかもしれないですが、これこそ再販売をしてほしいですぅ。


エレファントカシマシ
エフエムイーレコーズ

| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

めざましTV Superfly 「やさしい気持ちで」生歌披露

JUGEMテーマ:Superfly

朝はめざましTVで過ごしているのですが、今日はSuperflyがめざましテーマ曲「やさしい気持ちで」を特別バージョンで生歌披露しました。

出だしのところをアカペラで大きな張りのある声を朝からスタジオいっぱいに響かせる志帆ちゃん。まぁすっごいの

演奏は総勢24名(だったかな?)で、ピアノ弾いてる人は蔦谷さんかな?と思ってたら蔦谷さんでした。
カメラがパンしてサイドのギターの人たちが映ったらヒラマミキオ(昼海幹音)さんもいたように思えます。
(蔦谷さんのブログの写真にヒラマさん写ってました)

蔦谷さんとヒラマさんを画面の中に見つけて「あっ、知り合いがいる」くらいの気持ちで親近感抜群で歌を聴き終えました。

エレカシを通してすっかり蔦谷ファミリーになった気分です。

Superflyといったらカーティスメイフィールドの「Superfly」だったけど、志保ちゃんの小さな体にはあふれる程の歌の世界があって、Superfly=彼女(志保)の曲に歌って感じました。
うーん一度生で聞いてみたい!と思います。

そして仕事場にいって朝メールチェックをしていたら前方に座っている若手の男性が「ふ〜、ふふふふふふ〜♪」って「やさしい気持ちで」を鼻歌で歌っていて、さてはおぬしも朝はめざましTVだな、と心の中でつぶやきました。



越智志帆,桑田佳祐,Jackson Browne,蔦谷好位置
ワーナーミュージック・ジャパン

| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

SUMMER SONIC 2009 8/9幕張

JUGEMテーマ:夏フェス総合 
サマソニに初めて行ってきました。
昨年はひたちなか市のロックインジャパンに行ってみたのですが、今年は趣向を変えて。

観て来たアーティスト

MUTEMATH
エレカシ
ENTER SHIKARI
マキシマムザホルモン
ユニコーン
SONIC YOUTH
ビヨンセ

お昼前にマリンステージ側に移動。

ビーチステージに行って海を眺めたりして夏気分を盛り上げました。



12:30〜
【MUTEMATH】
途中から入ったのですが、ボーカルのパフォーマンスが熱かったです。
歌いつつキーボード弾いたり、なんかピコピコギターみたいなテクノ楽器を弾いたり、ドラム叩いたり。
最後の方はキーボードの上で逆立ちみたいのしたりとテンションがどんどん上がっていって、ステージ下に下りてきてファンへのサービスも熱かったです。
曇天でありながら、アリーナに立っているだけでスニーカーの底から熱が伝わってきて、ここに何時間もいたら倒れそうと思う中、MUTEMATHのはじけたライブパフォーマンスには脱帽でした。
ボーカルは格好良いですし、曲も素敵でした。

13:30〜
【エレカシ】
マリンステージ司会の人が、「アラフォーの星、エレファントカシマシです!」
と紹介していたのが何か新鮮でした(笑)。
定番の「悲しみの果て」「今宵の月」など歌いつつ、「BLUE DAYS」「待つ男」で最後「ガストロンジャー」で〆てました。
ボーカルの宮本さんロンゲがだんだん汗にぬれて、ワンレンのようになりながら目を見開いて歌っていました。(岡本太郎さんに似ているとよく言われてますが、本当にそう思います)
「外人のフェスに呼んでくれてありがとぉ」
「目の前の美女がおおあくびしたな」
などと宮本さんらしい発言。
「Sky is Blue」を歌う前に「これがスライドギターだっていうスライドギターを俺が弾く曲」というような説明をしているときに、ギター担当の昼海(ヒラマ)さんが「うん、うん」とうなずいていたのが微笑ましかったです。
そのスライドギター上手かったのかどうか分かりませんが、他にも歌詞やリズムがアドリブな感じでしたが、フェス用のアレンジやライブ感で一興でした。
「今宵の月」の最後「今宵の月のように〜」が「溢れる熱い涙〜」って歌ってました。
最後ステージから去るとき気をつけの姿勢でお辞儀していたのが印象的でした。

ちょっと立ちつかれたので、メッセに戻ってアイスクリームなど食べつつ休憩。


15:30〜
【ENTER SHIKARI】
マウンステージに移動してENTER SHIKARIを遠くから。
ドラムの人が浴衣を着ていてサービス心に愉快だな〜と思いました。
ちょっと後ろでゆっくりしながら聞いて。


16:30〜
【マキシマムザホルモン】
さっきのENTER SHIKARIの時よりもどんどん人が集まってきました。
外は激しい雨が降ってきました。
マウンテンステージを埋め尽くすファンを前に、本当はマリンステージ(野外)でやりたかったけど、ここでもやったるぜという事を繰り返しナオちゃんとダイスケはんが叫んでいました。
ナオちゃんの小話を楽しみにしていたら、青い兎を歌いながらとマンモスウレピーなどタイムリーでありながら不謹慎なトークに会場は沸きあがりました。
ユニコーン移動のためマキシマムは後ろでおとなしく観戦。


17:15〜
【ユニコーン】
マキシマムを途中で後にして、ユニコーンを観にマリンステージ移動。
雨はやんだかと思ったら、またザーっと。
スタジアムのひさしのある席は満席でした。
けれど、さすがフェスですね。アリーナではビショ濡れになりながらも沢山の人。
もう大御所で脱力風味イメージの民男くんだけど、声は通るしテンポもよくって、人気そのままで凄いなぁと思いました。
阿部ちゃんが遠めで教授(坂本龍一)に見えました(笑)。
民男くんが「ビヨンセ、本当に来ているのでしょうか?心配です。」面白かった。

ユニコーンもエレカシ同様アラフォーなんですが、しかも解散時期もあるのに、若い人が多っかったです。
というかサマソニ自体20代の人が多くみえました。


18:30〜
【SONIC YOUTH】
お客さんいっぱいで後ろにいたのだけど、全然ステージ見えず。
ソニックステージにもモニターつけてくれたらいいのにって思いました。
白人系バンド、自分はあまり得意でないのでちょっと退屈かなぁと思ってたら、友人も「もういいや」ということで、夕飯を食べに。

20:00〜
【ビヨンセ】
サマソニ大トリのビヨンセ。
大物はやっぱ観たい!と思って、「ちょっと観ていい?」って言って再度マリンステージへ移動。
地震があったりして少し時間が押していたのですが、突然会場がバット闇に包まれて、ピカ〜ッと光るステージの中にビヨンセが!
会場に大きな歓声が
と思ったらあの渡辺直美ちゃんで有名なあの曲「Crazy In Love」
ダンスナンバーをぶちかましてバラードへ、ふいに歌い出したアヴェマリアはまさにディーヴァ。
ビヨンセずっと髪が風に吹かれている。
ロックフェス仕様を意図しない大掛かりなセット、大掛かりなメンバー、衣装変え、そして圧倒的なパフォーマンス。
あらゆる意味でビヨンセだけ「別格」でした。



ただ、残念なのがサマソニの意匠にビヨンセは合わないのか、また時間が遅かったためか、途中からパラパラと結構人が帰っていってしまってました。

もう私は夢中になって観て聞いていて、同行の知人に「ウキャ〜最高!今日一番!」と言ったら、「エレカシは?」と言われて「エレカシよりも今日はもうビヨンセ観れて最高!」と言ったらキョトン?とされてしまいました。


【サマソニ感想】
サマソニ全体の感想としては、音楽にさほど詳しいとか夢中まででない自分には微妙でした。
夏なので屋内ステージはちょっと息が詰まる感じがしました。
屋台場所も暗くって、そこで座りこみながら、または並べられたテーブルとベンチで食する大勢の人、言葉が悪いけどちょっと収容所のような、レジスタンスの基地のような、なんかそういう印象が頭を過ぎりました。
若者の集会に参加している気分。
冬だったらいいかもっです。
あと会場のセッティングやインフォメーションも微妙だったりと感じたり。
ソニックステージにもモニター欲しいし、マリンステージのモニターは小さ過ぎるぅと思いました。
ロックインジャパンがそういう意味では様々に快適だったので、比べてしまったかも。
いずれも夏フェスは野外で開放的な方が楽しいかな!って思いました。

でも、エレカシ、ユニコン、ビヨンセは野外だったので、そこはもう非常に夏を満喫しながらフェス、楽しみました!
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

佐野元春 全国ライブハウスツアー「COYOTE」 ZEPP東京7/26

ダウンタウンのがきの使い「佐野に500の質問」で佐野さんへの興味が膨れ上がってしまったので、コンサート行ってきてしまいました。

(以下、佐野元春さん素人の感想です。往年のファンの方、あしからず!)
ライブ名にあるとおり、今回は最新アルバム「COYOTE」のツアーです。
事前学習にと「COYOTE」は一通り聞いていたので、初参戦でありながらも何も問題なくその生の演奏と歌を楽しむことができました。

実は佐野さんの歌詞にはまだ慣れていないところがあって「君が気高い孤独なら」という曲でいうと
”Sweet Soul、Blue beat!”
の部分とかCDからだとちょっと照れくさく聞いていたのですが、ライブだとそのフレーズも直球で飛び込んできて、どの曲もCDで聞くより素敵でした!
「呼吸」というバラードの曲は、歌う姿も声も歌詞も音楽もしびれました。

佐野さんは53歳、お客さんの層もそれなりの年齢で40代、男性が6割強くらいを占めていたと思います。
髪の毛やメタボの気になる世代のお客さんを見つめて
「こうやってみんなのことをみると、みんな大人になったね!」
って、佐野さんのジョークなんでしょうが、うっう素敵な表現です。

来年の30周年にはビッグなイベントを企画しているようです。
「僕は来年30周年、けれどもこれは今までずっと支えてくれたファンみんなのアニバーサリーにしようと思う!」
って、これも佐野さんらしい言葉なのですが、私には新鮮で佐野ファンはいいなぁ!って思いました。

本編の「COYOTE」の時はストイックなライブパフォーマンスで、アンコールでは佐野さんサングラスも外して舞台を縦横無人で、左、右、2階、前、中、後と丁寧に熱く目を配っていて、その眼差しや笑顔の素敵なことと言ったら無かったです。

COYOTEバンドは結成して2年に満たないらしく、演奏できるレパートリーが少ないというのは不覚でしたが、アンコールは特別にヒートしていました。
「アンジェリーナ」の大合唱、凄かったです。

全部で2時間ほどで終了したのですが、物足りなさもなく、濃度の濃いコンサートだったなと感動しました。

一緒に行ったのは高校時代から佐野ファンの友人。
高校時代その友人から「佐野元春ってどう思う?」と言われて、”佐野元春・・・?世代じゃないないし”と思い「別に」と回答するだけだったと記憶していて。
ので友人から「まさか貴君と一緒に佐野元春ライブに行くことになるなんて、思ってもみなかったなぁ」と言われて、感慨深い思いでした。
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

JAPAN CIRCUIT -vol.47-

 
「ひと月早いROCK IN JAPAN FES.前夜祭」

行くつもりはあまりなかったのですが、ついついとチケットを購入して行って来ました。

会場で新しい?編集長の人が出演順を発表してくれました。
トップバッター :SBK(スケボーキング)
二番目     :NICO Touches the Walls
三番目      :Dragon Ash
とり         :エレファントカシマシ

SBK(スケボーキング)
友人はSBKが楽しみ!と言っていたのですが、CDを拝聴してみるとコアなヒップホップという印象で、自分はオゥゥ、と少々引っ込み思案な気持ちでいました。
けれど、オープニングはメローな曲を歌ってくれてまずは拒否反応起こらず。
次の曲からは、がんがんヒップホップでテクノ(ミクスチャーロックというらしいですね!)で、リードボーカルの人他、機械をいじりつつステージを縦横無尽に行き交いながらのライブパフォーマンスは素人目にもすっごく格好よくって、ノリも凄くて。
編集長の方が「今日のバンド組み合わせはバラバラです(だったかな?)」と言っていたけれど、SBKのステージにはドラゴンアッシュの古谷くんもコラボして、これもサプライズで盛り上がったし、こういう企画の一番おいしいところだなと嬉しくなりました。
つかみはOKと楽しかったので、SBKはあっという間に終わってしまったように感じました。もっと聞きたかったです。
かなり格好よかったです!

NICO Touches the Walls
緊張したのか一番若手だったからなのか、会場はあまり盛り上がらなかったような気がしました。
自分は後方で大人しく見ていたのですが、クーラーのせいでだんだん寒くなってきてしまって。上着もってくればよかったかなぁと思いながら、でも「がんばれぇ」と思いながら見守っていました。けど前方は盛り上がってたのかもしれないですね。
ちなみに今回のライブパフォーマンスはイマイチだった(対バンドとの相性も)かもしれないけれど、CDで聞くと今時な感じで流行りそうな曲調に歌声でいいと思いましたYO。
今後期待の若手なんだと思います。
若手!ということで、トップバッターで演奏していたら会場的にもっといい感じだったかもしれないなぁ。

Dragon Ash
友人にクーラーが寒いと言っていたら「Dragon Ash」で会場盛り上がって熱くなるよと言われて、そうかなぁと思いながら参戦。
出だしからラテンの音楽かかって、ロッキングオンジャパンでは有名な”モッシュ・ダイブ禁止”ですが、前方を見やると人波の上に人が上がってる。
Dragon Ashだし、やっぱこれなきゃな!なんて思ってちょっと楽しくなりました。
(ちなみに自分は整理番号早かったのですが、モッシュが怖くて後方にずっといました)
会場は一気に熱気でムンムンで盛り上がっています!
古谷くん予想外に小さいのですが、バンド座長としての手腕ビンビンで流石です!
学生時代バイトしていた劇場の主役が古谷一行の時に、古谷君が劇場に観に来ていたのですが、その時は見かけてもよくわからず”黒くて頭がモジャってるな”くらいの印象だったけれど、ミュージシャンとして活躍しまくりの実力の持ち主なんですね。
DAでもSBK出ないかなと思っていたら、期待通りに登場。スピード感増して格好よかったです。
ちなみにダンサーの人途中でいなくなったなと思ったら衣装変えして再度登場で、面白かったです。あのダンサーがいるとなんとなくイメージ的にロックというより、米米クラブみたいな感じがします。

エレファントカシマシ
どなたかファンのブログか何かで、夏フェスでDAとDAのファンの間でエレカシが霞んでしまったようなコメント(間違っていたらごめんなさい)を読んだ記憶があったのと、今回一組だけ中年バンドだったので、大丈夫かなぁとちょっと思ってました。
けれど、結果的にDAの良い流れを組んだまま凄く盛り上がったと思います。
エレカシのとき、結構人が多くて後ろだとほとんど見えなくなってしまって、アゥって思ったのだけど、そんなチマチマした気持ちを振り切って楽しみました。
最新アルバムからはロックテイストの強いものを、また「風に吹かれて」などメローな曲から、ファンにはたまらない「BLUE DAYS」、盛り上がってきたところで「本当のところはお前らどう思ってんだ?」とお客さん睨みながら度肝を抜く「ガストロンジャー」など、今回のイベント内容を意識した選曲なのかなぁと思いました。
ラストだったので、温かいアンコールもあって、年長でありまた今年一番のメジャー部位にいるエレカシ、トリを飾るには一番相応しい圧のある存在感がありました。

けれども4組を通して感じたエレカシ、年長ゆえの存在感があったとは思うけれども、すっごくいい意味で今でも余裕や貫禄のようなものはないと思いました。
バンドマンとしての必死さを脈々と続けてきた、その必死さが濃度を増して今も引き続いているとてつもない緊張感が、同世代で成功している他のアーティストと違う魅力があるなぁ、と思いました。

こういうイベントってそれぞれのファンがそれぞれという反応をするのかなと思っていたのだけれども、この日は結構お互いのバンドで楽しみ合ってる感じで(実際自分もそうでした)、それが一番うれしくって楽しかったです。(前の方はわからないけど。。。)
ロッキングオンジャパンの持つ文化なんですかね?ちょっと良く分からないけど。

これでチケット代3800円は、得した気分満載です!

RO69
(カテゴリー)最速ライブレポート
JAPAN CIRCUIT vol.47 @ SHIBUYA-AX
2009.06.27

| Posted by adomirari | - | - |

CAOCAO-個人授業-

清志郎さんの訃報がニュースでながれて、ショックとともに清志郎さんについてYOUTUBEサーフィンをしていました。

そうしたら清志郎とオリジナルラブの田島くんのセッション映像が見つかって。
RCの「ステップ」という曲を田島君がアレンジして二人で歌っています。
田島くん、歌い方に癖があるタイプだけれども、清志郎とも声質などもぶつかることなく、とっても相性のよいセッションに思えました。
ファンだから思うのかな?それでもいいです!

そこで今度はオリジナルラブでyoutubeサーフィンしていたら、エブリリトルシングの持田真樹ちゃんとコラボしていることを知り。
こちらも田島くんアレンジの「個人授業」。
映画「おっぱいバレー」の主題歌です。

プロモーションビデオを見たのですが、ノリノリで、リズム感が非常に乏しい自分でも、思わずリズムを刻みたくなる気分に襲われて、「オリラブ熱再びか?!」
今年はオリジナルラブコンサート、10数年ぶりですが、行ってみようかなと思った今宵でした。
| Posted by adomirari | - | trackbacks(0) |

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

By TwitterIcon.com

Categories

Recent entries

Archives

Recent trackback

Recommend

Profile

Links

Feeds

Search

QR code

qrcode

Sponsored links